大人ピアノ

【電子ピアノ】木製鍵盤搭載機種を使った経験者の語るデメリットとは?

  • ピアノを再開することは決めたけど、楽器はどうしよう?
  • 家に電子ピアノしか置けないけど、電子ピアノの練習でいいのか不安。
  • 電子ピアノを実際に使った人の体験談が知りたい。

そんな方のために、ピアノを再開する時に買った電子ピアノについて、わたし自身の体験談を詳しく語ります。

今回のポイント2つ
  • どうしても家に電子ピアノしか置けない場合は、自宅以外でグランドピアノで演奏する機会を作ることが大切。
  • 最初の1台は電子ピアノもありだけど、故障修理や買い替えが必要になった場合には、2台目はアコースティックピアノも購入対象として検討しよう。

わたしはポップス等は苦手で、クラシックしか弾かないので、クラシック以外のジャンルの演奏の場合に電子ピアノがふさわしいかどうかはコメントできません

りこ
りこ
参考までに自己紹介しておきます。

では、これから詳しく説明していきます。

YAMAHAの電子ピアノClavinova(クラビノーバ)

YAMAHAの電子ピアノClavinova クラビノーバ

わたしが2012年2月に購入した電子ピアノは、YAMAHAのCLP-470です。

CLP-470 生産完了品
希望小売価格: 270,000 円(税抜)

2011年4月 発売
88鍵すべてで重みが異なる木製鍵盤の手ごたえペダルの感触にも、グランドピアノの演奏感を求めました。

  • 弾きごたえと表現力を追求した新世代のピアノ音源。「RGE音源」
  • グランドピアノと同様にむく材の木製鍵盤を採用。「NW鍵盤象牙調仕上げ」
  • 1鍵1鍵の重みや戻りの感触の違いまで忠実に再現。「88鍵リニアグレードハンマー」
  • グランドピアノ特有の踏み心地を再現したペダル。「GPレスポンスダンパーペダル」

出典:YAMAHA 製品情報

りこ
りこ
現在は生産完了品になっています

一応、「タッチ」の感触や「ペダル」の踏み心地を追及しています、という謳い文句の機種ですが…

本物のピアノと同じでないことは、先生のところでグランドピアノを弾いてみれば、初心者にも一瞬でわかります。

電子ピアノのメリット

  • アコースティックピアノのよりも場所をとらないので、置き場所に困らない
  • アコースティックピアノより安いので、購入の心理的ハードルが低い
  • 音量の調節ができる
  • ヘッドフォンで練習できる
  • ピアノ以外の楽器に音色を変えられる
  • 模範演奏が聴ける
  • 録音できる
  • メトロノームも付いている
  • 一切調律しなくていい
  • 部屋の室温や湿度の管理が不要
  • 弾かずに放置しても楽器に悪影響がない

子供の時に弾いていた楽器が家に残っていない大人再開組の場合、予算のこともありますし、住宅環境もありますから、電子ピアノは購入対象として十分検討に値すると思います。

りこ
りこ
実際、わたしも買いましたし。

電子ピアノのデメリット

  • 音量の調節をすると、「打鍵」と「聞えてくる音の関係」が、ピアノを弾いている感覚とは全く異なる。
  • ヘッドフォン練習では、耳からしかピアノの音が聞こえないことに違和感を感じる。
  • 本格的なペダルの練習は無理。ペダルは「おまけ機能」でしかない。
  • 熱心に練習する場合、高い確率で数年後に故障個所の修理が必要になる。
  • 電子ピアノでは習得できない重要なピアノ技術がたくさんある。
  • あるレベル以上になると、電子ピアノ練習だけでモチベーションを保つのが難しくなる。

要するに、ピアノと電子ピアノを「弾く感覚はまるでちがう」ということです。

りこ
りこ
「やっぱり結局は本物のピアノが欲しい!」とも言い換えられます

売り場で実際に電子ピアノとアコースティックピアノを触って比べて、自分自身で確かめよう

ただ、わたしが購入したのは、もう10年近く前のモデルですからね。

なのでその後の技術の進歩により、現行モデルはもっとグランドピアノを弾く感覚に近づけることに成功しているかもしれません。

この辺りは、購入を検討しているみなさん自身が実際に売り場に行って、アップライトピアノ、グランドピアノ、電子ピアノを触って試してみてください。

なので、購入を検討している場合は、アップライトピアノ、グランドピアノ、電子ピアノのすべてが置いてあるお店に行きましょう

絶対に電子ピアノだけを弾いて決めてはいけません。

りこ
りこ
触ってみると何がどう違うか、初心者にも感じられます

電子ピアノの故障は避けられない

しかし工業製品である以上、いくら技術が進んでも、使っていくと故障は避けることはできません。

これは電子ピアノを購入する上で絶対に覚悟しておかなければならない点です。

わたしの場合は3年で故障しました。

どんな故障かというと、ある鍵盤をどんなにそっと触っても「最大音量でしかなら鳴らなくなる」というものです。

わたしは電子ピアノが故障する直前に、たまたま本物のピアノを購入したので、この故障箇所は修理せず放置しています。

りこ
りこ
最大音量で鳴るのが怖くて、故障してから一切さわれないんだけどね

それなのに修理せず放置している理由ですか?

それは、ピアノの調律のために半年置きに150ユーロ以上支払えても、電子ピアノの修理にはお金を払う気になれないからです。

これは

  • 電子ピアノは故障する単なる工業製品でしかない
  • 本物のピアノは定期的に調律し、室温や湿度に気を配りながら、自分と共にだんだんエイジングしていくうちに、家族のように愛着を感じる生き物

という両者の性質の差に由来しています。

電子ピアノの寿命とアコースティックピアノの寿命

電子ピアノを買う一番の理由が「ピアノより値段が安いから」だという人には、一度考えて見て欲しいことがあります。

例えば電子ピアノの故障箇所を修理しながら使うとして、1台の電子ピアノはいったい何年使い続けることができるのでしょう?

車のようにいずれ買い替える必要はないのでしょうか?

そのたびに20万円、もしくはそれ以上の金額を払って新しい機種を買う予定ですか?

アコースティックピアノを買った場合、音大生や職業的に音楽にかかわる人でもない限り、10年や20年で寿命がきて買い替えるという話は聞かないですよね?

確かに一見、電子ピアノはピアノより安いです。

でも、もしあなたが修理したり買い替えたりしながら、電子ピアノを一生弾き続けることを想像してみてください。

買い替えるうちにその合計金額が、ピアノの価格より高くなるとしたらどうでしょう?

最初に払う金額が安いとしても、電子ピアノを何台か買い替えるうちに金額はピアノの値段に近づくことを忘れないでください。

電子ピアノに対する自分の評価の変化

電子ピアノ購入時に考えたこと

本当はわたしも最初から本物のピアノが欲しかったです。

りこ
りこ
子供の時の夢は白いグランドピアノで弾くことでした 。

例え初心者であっても、売り場にあるピアノと電子ピアノを触り比べてみれば、違う楽器だということがすぐにわかります。

でも、ブランクが25年以上あるし、どこまで自分にやれるか自信のない状態でした。

そんな自分にとっては、電子ピアノですら相当高額な買い物です。

だからわたしは電子ピアノを買う勇気と予算しかでませんでした

それに、電子ピアノは完全な工業生産品なので、アコースティックピアノと違って、どの個体を買うかという選定作業は必要ありません。

なので、ピアノを弾いて選ぶことができない初心者が選んでも、大きな失敗がない買い物なのです。

そう考えて、わたしはこの電子ピアノを買うことを決断しました。

電子ピアノを使い始めて数年後に感じたこと

わたしが電子ピアノの短所を感じるようになったのは、ピアノを再開してから2年目くらいです。

つまりそれまでは電子ピアノで99%満足していました。

ですから、もし、

  • 先生のグランドピアノでレッスンを受けられる
  • 仲間との弾き合い会に参加してグランドピアノで演奏する機会がある
  • グランドピアノのあるレッスン室を定期的に借りる

という場合には、家庭では電子ピアノでやってみるのもありだと思います。

逆に言うと、クラシックに取り組んでいる人が、家に電子ピアノしかない上に、一切グランドピアノに触る機会がないというのは、ピアノ技術の上達という観点からすると非常に不利です。

実は、わたしは3年間、家に電子ピアノしかなく、レッスンも自宅の電子ピアノで受けており、練習室やホールでグランドピアノをレンタルすることもほぼ皆無という環境で練習していました。

そのわたしが考える電子ピアノの最大のデメリットを次にお話しします。

【経験談】3年間電子ピアノだけで練習するとどうなるか

電子ピアノ最大のデメリット

電子ピアノは演奏者がどんな風に打鍵しようと、きれいな音しか出しません。

これが電子ピアノの最大の欠点です。

どこのメーカーでも最高峰のグランドピアノを音源にしている等、高音質なことを売りにしているでしょう?

りこ
りこ
まさか「汚い音が出せます」なんて宣伝文句にしたら売れないよね 。

そして、電子ピアノからきれいな音しか出ないので、初心者は自分の打鍵がよくないことに気づきません。

気づかないうちに、そのよくない打鍵が癖になります。

数年後に気づいた時には、悪い打鍵癖を直すのに相当大変な思いをすることになります。

わたしは自宅レッスンをやめて、グランドピアノでレッスンしてくれる先生に変わった時に初めて、自分が鳴らすグランドピアノの音がひどい騒音でしかないことに気づきました。

いえ、気づいたというのは正しくありません。

自分ではわかりませんでしたが、先生にそう言われました。

りこ
りこ
え??ピアノって、鍵盤叩いたら誰でも同じ音が鳴る楽器じゃないの?

ちがいます。

同じピアノでも弾く人によって全然違う音色で鳴ります。

わたしのような下手くそが、たとえばフォルテのような大きい音を鳴らそうものなら、金属製のバケツに蹴りをいれたような、聴くに堪えない不快な音しか出ません。

これは電子ピアノだけ弾いていては一生気づかないことです。

では、電子ピアノばかり弾いていたわたしが、どうして自分の鳴らす音が汚いことに気づかなかったと思いますか?

それは次のような理由からです。

電子ピアノは強弱はつけられますが、ピアノに比べて音色の変化に乏しく、演奏者は自分の鳴らしている音色に格段の注意を払う必要がありません。

このような練習しかしていない初心者は、アコースティックピアノで演奏する時にも当然自分の鳴らしている音なんて聞いていません。

だから、ピアノからどんな雑音が出ようと、汚い音が鳴ろうと、まったく無関心なのです。

このような失敗を防ぐには、本物のピアノを演奏する機会をなるべく増やすしかありません

木製鍵盤搭載の電子ピアノに関する結論

自宅にピアノを置くことが無理な場合

好きな電子ピアノを買って、なるべく外でグランドピアノを弾く機会を持つようにしよう。

自宅にピアノを置ける場合

最初の1台は電子ピアノもあり。

でも、故障修理や買い替えが必要になった場合には、2台目は本物のピアノも購入対象として検討しよう。

\ 【実録】グランドピアノへの買い替え /

グランドピアノ購入記
【グランドピアノ購入記】ベヒシュタインを買った理由とその後大人になって約30年弱のブランクの後に、趣味でピアノを再開。その3年後、電子ピアノからグランドピアノに買い替えました。グランドへピアノへの買い替えの動機、経緯、買い替えたその後の「実録記事」です。...

\ ブランク30年弱でピアノ再開 /

【大人のピアノ再開】ブランク30年近くあったけど、もう一度ピアノを始めました30代後半でピアノを再開して8年目の私の「ピアノとの出会い、別れ、再会」にまつわる体験談です。 大人の趣味として子供の頃に習っていたピアノを再開したいと思っている方の参考になれば幸いです。ピアノは楽しいですよ!...