雑記

【プラハ】グルメレストラン情報|また食事に行きたいお店はここ!

プラハへの旅行を計画中の人向けに、わたしが「また行ってみたい」と思っているプラハのグルメレストラン情報をまとめてみました。

りこ
りこ
プラハ食事おいしさには感動です!

プラハ料理「以外」で探す

まずは、わたしは典型的プラハ料理は最初から除外しました。

読者代表
読者代表
プラハに行くのにプラハ料理以外って…

なぜなら、プラハ料理の写真を見ると、ドイツ料理と兄弟のように似ていたからです。

3泊4日でドイツから行くのに、わざわざドイツ料理と似ているものを食べるのは惜しいでしょ?

もしあなたが探しているのがお勧めプラハ料理のレストランだとしたら、この先を読んでも時間の無駄になるので他を当たりましょう。

では、実際に行ったお店の紹介です。

ショッピングセンターPALLADIUM内のフードコート

ショッピングセンターPALLADIUM

ショッピングセンターのPALLADIUM

選んだ理由

ここはGoogle マップのレビューに、日本語で「中が比較的きれいで、しかもトイレが無料で使える」と書いてありました。

それで、そもそもはレストランとしてではなくトイレ情報として念のため出発前にGoogle マップに登録しておいたのです。

ちなみに、トイレは全フロアにはなくてお店の中のフロアガイドで探しました。

フードコートの階にはトイレがありました。

海外ではトイレを使用するためにチップが必要なことが多いです。

なので空港やレストランなどで無料で使えるトイレがある場合には、機を逃さずに行っておくようにしましょう。

トイレのチップを支払うのには小銭が必要です。あらかじめ用意してないとチップが必要なトイレに行けません。

わたしたちの場合、1日目のお昼ごはんが到着時間の関係で遅くなってしまい、

  • 夕飯に予約したイタリアンレストランに響かない程度の食事がしたかった
  • 宿泊予定のホテルからも近かった
  • さっさと簡単に食事できそう

という理由で、ここで食べることに決めたのです。

といっても、フードコート ですからね。いろいろなお店があるわけです。

それにしても、お昼時をかなりすぎているのにどこも大混雑。


ガラガラに空いてたのはドイツでもそこら中に見かけるNORDSEE くらい。

りこ
りこ
他がこんなに混んでいるのに、その店だけ空いているというのは……ねえ?

実際に入ったお店はASIA&SUSHIレストランのMAKAKIKO

フードコート内をぐるっと一通り巡ってお店の様子を観察した後、タイ料理と最後まで迷って、結局MAKAKIKO という名前のお店で中華をたべることにしました。

頼りにしたのは、お店の柱に貼ってあるお料理の写真と値段。

ASIA&SUSHIレストランのMAKAKIKO

ここって、厨房に近いほうの席は「回転寿司」になっているお店なんです。つまり「お寿司」と「中華」という水と油のような商品を一緒に提供しています。

だから、もしかすると日本人観光客のみなさんは一番に避けるジャンルのお店かもしれません。

わたしだって「WOK&SUSHI」がコンセプトのお店は、ドイツでは絶対に入りませんから

でも、そろそろ何か食べておかないと、本当に期待している夕飯のイタリアンがおいしくなくなってしまうわけです。

りこ
りこ
ちょうど目の前のテーブルが空いたけど、3人なのに椅子が2個しかないや…

そんな風に迷っているタイミングで、なんとアジア系の女性の店員さんが気を利かせてよそのテーブルの使っていない椅子を持ってきてくれました!

それって、日本にいると当たり前のサービスなのかもしれないけれど、海外に長くいると心の底から感動するポイントになります。

というわけで、このお店で食べることに決定です。

このお店のいいところは、「何を注文するとどんなものが出てくるのか」写真付きメニューであらかじめ写真で確認できることです。

ASIA&SUSHIレストランのMAKAKIKO
ASIA&SUSHIレストランのMAKAKIKO

これは海外では非常に珍しいです。

りこ
りこ
しかもチェコ語も英語も苦手なら、指差し注文できるよ!

MAKAKIKOの感想

とてもおなかが空いていたこともあります。

入る前から店員さんのサービスに感動したことも影響しています。

お寿司と中華を扱っている 邪道な お店なので入店前の期待度が低かったこともあります。

でも!

それでもプラハ到着最初の食事として感動しました!

わたしだけでなく、東京在住の友人が食べても「おいしい」と完食していたので、日本から訪れるみなさんも信用していいですよ。

夫が注文したのはこれ。

ASIA&SUSHIレストランのMAKAKIKO

牛肉が柔らかくて、野菜もふにゃふにゃの冷凍ではなく新鮮な生野菜を炒めています。
白飯が進む味付けになっています。

友達が注文したのはこれ。

ASIA&SUSHIレストランのMAKAKIKO

チキンのまわりの衣がパリパリ!

そしてわたしが注文したのはこれ。

ASIA&SUSHIレストランのMAKAKIKO

焼きそばっぽくみえるけど、食べてみると食感がビーフンでした。

海外でこういうのを注文すると「絶対家で作るほうがおいしいよね…」みたいなレベルのものが多いですが、これは違った!

りこ
りこ
ぬお~~~、味付けで負けるとは!主婦として悔しい!

ASIA&SUSHIレストランのMAKAKIKO

それぞれが1品ずつ注文していますが、みんなお互いの皿に箸を伸ばして3品とも堪能しました。

お箸もあるし、フォークとナイフもあります。

それにしても、どれも海外の食事とは思えないほど味付けが日本人向けでした。

海外で通常価格の食事をすると、「ただ塩辛い」とか「何も感じなくなるほど甘い」といったペラペラでしかも強烈な味つけが多いです。

素材の味なんて完全に消え去っています。

でも、ここは素材の味わいもあり、味付けに複数の味の重なりというかハーモニーを感じる味付けになっていました。

お店の位置づけとしては、「絶対に行くべき」とお勧めするタイプのお店ではなく、「ちょっとおなかが空いたけど、お店の予約もしていないしどうしよう」という時にふらっと入る場所として安心いうお店ですね。

時間帯によってはすごく混んでいます。

プラハのイタリアンレストランなら Kogo Havelská

結論から先に行ってしまうと、ここは1日目の夕飯を食べに行ったあと全員が「滞在中にもう一度行くチャンスはないのか?」とずっと口にしていたくらい大満足のお店でした。

人気店なので予約がないとディナーの時間帯にはまず入店できないと思ったほうがいいです。

たとえ行ったときに「空いている席がたくさんあるのに?」と思っても、全席予約で埋まっています。

実際入店できずに帰って行ったひとがいます。

予約できない場合はランチを狙いましょう

ここは出発前にお店のサイトのフォームで予約 を入れていきました。

イタリアンレストランKogo Havelská

英語で予約できるのはいいのですが、最後まで予約できたのかどうか折り返しの連絡がなかったので、実際にお店に行くまで「ちゃんと予約できてなかったらどうしよう?」とずっと心配していました。

りこ
りこ
そこだけ残念なマイナスポイント

席について飲み物を頼んだ後、じっくりメニューを読みます。

海外のレストランのメニューには写真がないため、文字通り「読む」必要があります

よく読むと、たくさん美味しそうなものが載っています。

しかも夫がやたらといろいろなものを食べたがります。

さらに友達まで、パスタに加えてステーキをみんなで分けようと言い出す始末です。

ここで喧嘩してもしかたないので、とりあえず3人分の注文を夫に任せます。

「これと、これと…」と夫が料理名を上げていくのを最初は伝票に記入していた店主ですが、途中でメモをする手をとめてしまいました。

店主
店主
お客さん、うちに来るのもしかして初めて?

店主曰く、1人前の分量が多いため、3人ではそんなにたくさん食べるのは無理とのこと。

さらにこのあと店主は、他のテーブルに持っていく途中の料理を、わざわざうちのテーブルまで見せに来てくれました。

店主
店主
ほら、こんなかんじでパスタひとつでもこんなに量があるんですよ。

親切な店主のアドバイスに従って夫も友達も注文を減らしました。そしてそれで正解でした。

うちが食べたもの中で圧倒的にお勧めだったものはこれら3品です。

店内が暗くて写真を撮るのは難しかったです。写真の見た目より、ずっと美味しいですからこの写真を見てがっかりしないでください。

Bruschette Mediterranee 地中海風ブルスケッタ

イタリアンレストランKogo Havelská

ブルスケッタは調理が簡単なので家でも作りますが…

りこ
りこ
なにこれ、全く別物

グリルしてあるプチトマトからじゅわ~~っとトマトの旨味が染み出してくるのですが、そのトマトの旨味が家で食べているトマトとは別格でした。

トマト自体がいいトマトなのか…それとも調理法なのか…もしかするとその両方か…

ブルスケッタって、ガーリックを擦り付けたパンにトマトのマリネとチーズが載ってるだけなのに、こんなに出来上がりに差をつけられるとは、さすがプロの調理人だと感心しました。

Tagliatelle con Rucola e Gamberi ルッコラとエビのタリアテッレ(平打ち麺)

イタリアンレストランKogo Havelská

実はわたしはルッコラが大嫌いです。

でも、なぜかプラハにいる間はもりもりルッコラを食べました。

大嫌いなルッコラがこんなにたくさんのっかっているのに、どうしてこのパスタはこんなに美味しかったのか今でもわかりません。

りこ
りこ
このエビのエキスが染み出したクリーミーなトマトソースの重厚な味わいが忘れられない…

そこまで高級ではないのに、こんなふうに味に幅と奥行きのある料理を出すレストランも探せばあるんですね…

Sorbetto al Limone レモンシャーベット

イタリアンレストランKogo Havelská

レモンアイスクリームから作ったシャーベットに、ウォッカとスパークリングワインが入ったものだとメニューに説明してありました。

りこ
りこ
もう満腹度130%くらいだったけど、どうしても食べたかった!

本当はチーズケーキと迷ったのですが、もうさすがにチーズケーキを食べるのは無理だったのでこっちにしました。

これはシャーベットというけれどシャリシャリな安っぽい食感ではなく、クリーミーさがあります。

しかもそこにウォッカとスパークリングワインを加えることで、甘さとクリーミーさからくる「しつこさ」を感じないようにうまく調節されているわけです。

単なるデザートのシャーベットという以上の大人向けの繊細な味に仕上がっています。

りこ
りこ
明日にでもまた行きたいレストランです。

プラハ城見学後に軽くお昼ごはんを食べるなら GoodEats


わたしがここのカフェで一番印象に残っているのは、アジア系のキュートな女性の店員さんです。

フレンドリーな接客で、しかも彼女がテキパキと手際よく仕事しているさまを見ているとすがすがしい気持ちになりました。

店内は雰囲気も落ち着いていて、トイレもあります。

肝心のお料理ですが、夫と友人が注文したサンドイッチはボリューム満点でおいしかったそうです。

これは友達が注文したサンドイッチです。

プラハ城近くのカフェGoodEats

りこ
りこ
夫のは一番最初に届いて写真を撮る前にさっさと食べられちゃったから、載せる写真がないの

プラハ城近くのカフェGoodEats

わたしの注文したパンケーキもおいしかったです。

午前中にプラハ城をまわったあと、お昼にここで食事しながらゆっくり休憩できたので、3人とも大満足でした。

再訪決定のインド料理レストラン Sangam Indian Restaurant

インド料理レストラン Sangam Indian Restaurant


わたしはインドカレーとナンが大好物のひとつです。

だから、絶対にプラハでも評判のいいインドレストランに行こうと決めていました。

プラハではどこにするか迷うくらい評判のいいインドレストランがあります。

そのなかでわたしが選んだのは、Sangam Indian Restaurantです。

ここはプラハに到着した1日目の夜にスマホでサイトのフォームを使って予約しました。

りこ
りこ
ここは「ご予約承りました」ってちゃんと返事が来たよ

このお店のホームページには「ドレスコードがスマートカジュアル」とあります。
が、実際にはデニムやプリントTシャツを着ている観光客がたくさんいましたから、そこまで厳格なドレスコードではないようです。

さすがに、ビーチサンダルと短パンはダメだと思いますが。

このお店を選んだのはリサーチ段階で、こんなナンの写真をたくさん見たから。

インド料理レストラン Sangam Indian Restaurant

パリッと薄焼きで、パンというより軽いスナック的な感じに焼きあがっています。

りこ
りこ
自分で家で焼くパンのようにどっしり重い「なんちゃってナン」とは大違い 。


わたしが注文したのは、ナンよりはライスのほうが合うチャナマサラ(ひよこ豆のカレー)

インド料理レストラン Sangam Indian Restaurant

でも、ど~~してもナンが食べたかったんです。


辛いのを食べると胃がヒクヒクする夫が注文したのは、辛さ控えめのバターチキン

インド料理レストラン Sangam Indian Restaurant

下味がしっかりついたお肉がゴロゴロ入ってて美味しいです!

お肉を3個くらいもらって味見したから間違いないです。(^^;


最後、友達が頼んだ激辛カレー、ラムのヴィンダルー

インド料理レストラン Sangam Indian Restaurant

メニューの説明にも「with extra spicy sauce (激辛ソース)」とあります。

さらに注文を取るときに店員さんが

店員
店員
コレすごい辛いですけど大丈夫?

とわざわざ確認するだけのことはありました。

めちゃめちゃ辛いです。

辛いのが得意なはずの友達が涙目になっていました。

途中追加でライスを注文するほどでした。

店員
店員
やっぱり辛い?大丈夫?

ライスを注文するときに店員さんが心配していました。

こんなかんじで雰囲気もよく、サービスもフレンドリーで安心してお勧めできるインドレストランです。

名物スイーツ「トルデルニーク」を食べるまでは家には帰れない

最終日のチェックアウト後、まだ空港に向かうには時間があったのでもう一度市内をうろうろ。

そういえばまだ食べてないものがありました。

トルデルニークというスイーツです。

形は少し違うけど、いわゆるチョココルネを思い浮かべてください。

あんな風にぐるぐる巻いた中が空洞のパン生地の中に、アイスとかチョコとか生クリームとかが入っています。

それにしても名物というだけあって、街中どこでも売っています。

しかし、そこら中で売っているからこそ、逆にどこで食べるのか迷ってしまうのが人情というもの。

もし到着してすぐの段階ならいろいろなところで食べ比べることができたのですが、わたしたちにはもうあまり時間が残されていません。

トルデルニーク

わたしたちが選んだのはこちらのGood Food Coffee & Bakery です。

このお店のメニューをぜひ見てみてください。

メニューを見てしまったら、どれにするか迷って決められないこと請け合い。


Chimney Blizzard(左)とChimney Cream(右)

トルデルニーク

左は自家製チョコバニラアイスクリーム入り+くまちゃんのクッキー付き

右はフレッシュなイチゴに自家製ホイップクリーム入り

3人で2つをシェアしました。

生地の表面にはナッツとシナモンがついていて香ばしいです。

中の自家製チョコバニラアイスクリームがわたしの好みどストライクでした。

まろやかでクリーミーだけど全然しつこくない。

ヨーロッパでこんな甘すぎないチョコバニラ風味のアイスクリームが食べられるなんて、プラハってば凄すぎです。

ちなみに、ミルクそのまんま味のソフトクリームが好きな人は「これじゃない」と思うかもしれません。

りこ
りこ
わたしは牛乳味が苦手なもんで

生のナッツ類アレルギーがある人は食べないでください
この表面のナッツはいろいろな種類のナッツが混じっていて、しかも生です。

気づかずに食べた夫に後で軽くアレルギー症状が出ましたので。

トルデルニーク

すでに落下しそうなくまちゃん…

トルデルニークプラハの街中至ることで売られていますが、このわたしたちはこの1か所でしか食べていません。

読者
読者
他のお店のことも知りたいな…

そういう読者さんの希望にお答えするために、トルデルニークを何か所かで食べ比べたブログ仲間のキノコさん(@bubukinokochan)の記事をご紹介しておきます。

チェコ・プラハ◆伝統筒型のお菓子・トゥルデルニークのお勧め店はここ!

では、レストランカフェの数がとても多いグルメの街プラハで、失敗しないお店の選び方について次に説明します。

知らない土地ならまずはトリップアドバイザーで検索

まずは下調べとして、知らない街に行く人の強い味方トリップアドバイザー で、プラハのレストランを検索しましょう。

トリップアドバイザーはこんなに至れり尽くせり

トリップアドバイザーを使ってレストラン検索することには、次のようなメリットがあります。

1.自分の行く場所を指定して探せる

2.食事のジャンル(カフェ・喫茶店、イタリアン、ステーキハウス、ピザ、寿司、インド料理、ベトナム料理、中華料理)を指定して探せる

3.価格帯で指定できる

4.ランキングを見られる

5.実際にお店を訪れた人の評価と口コミが読める

6.写真でお店の雰囲気とお料理の外観をつかめる

7.個々のお店の情報として

  • 公式サイト、営業時間、地図、連絡先が掲載されている
  • クレジットカードで支払えるか、支払えるとしてどのクレジットカード(VISA、Master, AMEX等)が使えるかが記載されている

お店によってはクレジットカードの種類までは記載されていないこともあります。

VISAならたいてい大丈夫ですが、AMEXやJCBで支払いたい人は気を付けたほうがいいです。

トリップアドバイザーで興味を持ったお店をさらに調査する

トリップアドバイザーである程度行きたいお店をリストアップしたら、実際にお店の公式サイトを見てみましょう。

今のインターネット時代に、公式サイトを用意していないお店に行くのはさすがに不安です。

プラハの共通語はチェコ語ですが、ちゃんと英語サイトも用意されているお店なら、まず英語で意思疎通できるので安心です。

お店のサイトに行ったら次のことをやりましょう。

1.トリップアドバイザーの情報とお店のウェブサイトの情報に食い違う点がないか確認する。

2.メニューがダウンロードできるなら「実際に食べたいものがあるか」「値段がいくらなのか」目を通す。

もし英語メニューが読めなくても、家なら焦らずゆっくり調べられます。

3.ドレスコードを確認する。

4.フォーム送信で予約できるなら予約する。

【訪問前に予約することの長所と短所】

 

長所

確実にその時間にテーブルを用意しておいてもらえるので、食いっぱぐれがない。

プラハのような観光地では、人気店は食事時間になるといつも混雑しているため、予約していなければ希望のお店に入れないことがあります。

 

短所

予期せぬことがおきて、当初の予定通りに行動できなくなった場合に困る。

わたしの場合はルフトハンザ航空で行く予定でしたが、ルフトハンザがストライキの予定を中止決定するまで予約はしませんでした。

 

土壇場でキャンセルするのは困りますからね

 

Google マップの「マイプレイスリスト」に入れる

行きたいお店が決まって予約も入れたら、そのお店をGoogle マップマイプレイスリストに保存しておきましょう

Google マップのマイプレイスリスト

リストに入れたお店は後でGoogle マップのメニューからまとめて確認することができます。

Google マップのマイプレイスリスト
Google マップのマイプレイスリスト

現地に着いたらスマホの情報を頼りにお店を探すことになりますよね?

だから、こんなふうにあらかじめ行先を地図上に保存しておけば、時間をかけなくてもすぐに呼び出すことができて便利です。

Googleアカウントでログインしておけば情報が同期されるので、パソコンで作成していてもスマホで見られるし、スマホで作成してパソコンで見ることもできます。

りこ
りこ
これは現地でとっても便利でした。

プラハグルメ情報のまとめ

一度訪問した誰しもがリピーターになること請け合いのグルメの街プラハ。

中欧ヨーロッパに旅行に来る時には、ぜひプラハを行先に加えてください。