ミュンヘン

ラーツケラー・ミュンヘン(Ratskeller München)|ドイツ料理初心者でも安心のおすすめレストラン

読者
読者
初めてのドイツ旅行でミュンヘンに行きます。ドイツ料理を食べてみたいのですが、お勧めのレストランはありますか?

りこ
りこ
そんな人にピッタリのお勧めレストランが、ラーツケラー・ミュンヘン(Ratskeller München)です。

わたしがラーツケラー・ミュンヘンをおすすめする理由は次の通り。

  • 写真付き日本語メニューがある
  • 美味しい(日本人の口に合う味付け)
  • フレンドリーでプロフェッショナルな接客

りこ
りこ
ホフブロイハウスのほうが有名ですが、わたしはラーツケラー・ミュンヘンのほうが断然お気に入り!

ミュンヘンの中心部、マリエン広場に位置

ミュンヘンマリエン広場新市庁舎

ミュンヘン観光に来たら、誰しもが必ず訪れる、マリエン広場新市庁舎

めざすラーツケラー・ミュンヘン(Ratskeller München)は、この下にあります。

読者
読者
下ということは、まさか地下?

りこ
りこ
そうです。ケラーとは、ドイツ語で地下室という意味です。だからラーツケラーを直訳すると「市庁舎の地下」ということですね。

ミュンヘンマリエン広場
マリエン広場噴水

ラーツケラーの入り口は一体何か所あるのでしょう?

ラーツケラー・ミュンヘンは非常に大きなレストランです。

そのためなんと、入り口4か所もあります!

  1. Marienhof Landschaftsstraße (マリエンホーフ)
  2. Prunkhof (プルンクホーフ)
  3. Dienerstraße (ディーナーシュトラーセ)
  4. Marienplatz (マリエンプラッツ)

マリエンホーフ入り口の写真は取り忘れました(´Д`)

こちらは Prunkhof (プルンクホーフ) の入り口です。

ラーツケラー・ミュンヘン(Ratskeller München)プルンクホーフ(Prunkhof )
Prunkhof
(プルンクホーフ)

この入り口は、市庁舎の建物にぐるりと囲まれた中庭に位置します。

目印はこの2頭のライオン。

これは Dienerstraße (ディーナーシュトラーセ) の入り口。

ラーツケラー・ミュンヘン(Ratskeller München)入口
Dienerstraße
(ディーナーシュトラーセ)

高級デーパートのルートヴィックベック(Ludwig Beck)に面しています。

こちらはマリエン広場に面した入り口。ここにはちょい強面のドアマンが立っていました。

ラーツケラー・ミュンヘン(Ratskeller München)入口
Marienplatz
(マリエンプラッツ)

わたしたちは今回はこちらの入り口から入店しました。

ラーツケラー・ミュンヘン(Ratskeller München)入口

世界中から観光客が訪れるマリエン広場に位置する有名ドイツレストランです。

入り口の時計がしっかり「うちのレストランはインターナショナルですよ!」とアピール。

お店は建物の地下なので、階段をおります。

クリスマス前の時期、ラーツケラー・ミュンヘン入り口は、こんなふうに華やかに飾り付けられています。

ラーツケラーは全1100席|歴史ある巨大ドイツレストラン

ラーツケラー・ミュンヘン(Ratskeller München)

出典:ラーツケラー・ミュンヘン(Ratskeller München)パンフレット 店内見取り図

ラーツケラー・ミュンヘンが大きなレストランであることは先ほど触れました。

どのくらいの規模かというと、なんと全1,100席です!

それだけの座席数ですから、店内はいくつものホールから成り立っていて、しかも各ホールごとに内装が違っています。

特に天井の装飾には注目してください。

りこ
りこ
どのホールのテーブルに通されるのかは、その時のお楽しみです。

これだけの規模のラーツケラー・ミュンヘンですが、開店して1時間後の昼の12時ごろに訪れると、すでにかなりのテーブルが埋まっていました(12月末)。

年末年始の時期、ドイツの飲食店はどこも大混雑しています。

わたしたちはマリエン広場の入り口から入店したので、こちらのパブ仕様の部屋(The Royal Dolores Pub)に通されました。

ラーツケラー・ミュンヘン(Ratskeller München) The Royal Dolores Pub

りこ
りこ
この場所はすっごく暗くて料理の写真が撮りにくいので、ブロガーとしては残念。

とはいえ、予約していなかったのに待ち時間もなく、しかもゆったり座れるシート席を3人で使えたので、その点ではラッキーでした。

昼の1時過ぎには入店待ちの行列ができていたので、確実に食事したい場合には予約することをお勧めします。

特にドレスコードなど気にすることなく入れる雰囲気です。

わたしたち以外のお客さんは、ドイツ語を話す人、英語で話す人、ヨーロッパ人、アジア人、家族連れ、カップル、母娘二人、老夫婦等、とにかく様々。

写真付きの日本語メニューがあるのはとても助かる!

ラーツケラー・ミュンヘン(Ratskeller München)日本語メニュー

ラーツケラー・ミュンヘンはインターナショナルなレストランなので、全9か国語でメニューが用意されています。

こちらはわたしが日本人ということで用意してくれた日本語メニュー。

何語のメニューを用意すればいいか、給仕の人がちゃんと確認してくれるので、希望の言語を伝えてください。

中は写真付き。

料理名だけでなく、何がどのように調理されたものなのか、簡潔にわかりやすく説明されています。

りこ
りこ
だからドイツ料理について事前に知識がなくても大丈夫!

ラーツケラー・ミュンヘン(Ratskeller München)日本語メニュー

店内が暗くてうまく写真に撮れなかったので、無料配布されているパンフレットの日本語メニューをスキャンしてみました。

ラーツケラー・ミュンヘン(Ratskeller München)日本語メニュー
ラーツケラー・ミュンヘン(Ratskeller München)日本語メニュー
ラーツケラー・ミュンヘン(Ratskeller München)日本語メニュー

ちなみに、店内のドイツ語のオリジナルメニューには写真はありません。

ドイツのレストランでは、写真なしのほうが普通です。

ラーツケラー・ミュンヘン(Ratskeller München)ドイツ語メニュー

ちなみに、ドイツ語オリジナルメニューを見て気づいたことがあります。

  • 日本語メニューよりも掲載されている食事の種類が多い
  • 日本語メニューよりも飲み物のサイズが多い

読者
読者
ドイツ語メニューは理解できないから、日本語メニューでしか注文できないよ…それって不利なの?

その点については、わたしは次のように感じました。

まず、食事の種類ですが、日本語メニューに掲載されているのは「日本人に人気メニューの抜粋」という印象です。

りこ
りこ
だから品数が少ない日本語メニューから選んでも不利ではありません。

ただし、日本語メニューに飲み物のサイズが全種類掲載されていないのは、やっぱり不利です。

しかも、飲み物のサイズは何ml入りなのか数字で書くだけですよね?

だから、日本語メニューでもドイツ語メニューと同じように、すべてのサイズを記載して欲しいです。

こちらの日本語メニューはラーツケラー・ミュンヘンのホームページからダウンロードすることが可能です(こちら)。

りこ
りこ
メニューが各国語に対応しているだけでなく、ドイツ語が話せないお客には英語を話すウェイターが担当になります。だからドイツ語が話せなくても安心。

ラーツケラーではこれを注文すべき!絶品ドイツ料理とデザート

ラーツケラー・ミュンヘン(Ratskeller München)ミュンヘン風ローストビーフ、オニオン添え(Münchner Zwiebelrostbraten)
ミュンヘン風ローストビーフ、オニオン添え
(Münchner Zwiebelrostbraten)

これがわたしのイチオシ!

霜降りアンガス牛に、ビールで煮込んだオニオンとカリカリのオニオンを添えたもの。

こちらは日本語メニューにもちゃんと掲載されていますよ。

読者
読者
ドイツ料理といったら、ソーセージザワークラウトじゃないの?

りこ
りこ
でもせっかく一流ドイツレストランに来たのだから、手の込んだドイツ料理が食べたいじゃない?

お肉の焼き加減はミディアムにしました。

ドイツでミディアムというと「レアの間違い?」と思うような赤い血の滴るステーキが出てくることが多いですが、こちらは正真正銘のミディアムな焼き加減でした。

りこ
りこ
しかもお肉がやわらか~い。

そして、上に載っているオニオンがいい味出してます。これがあるとお肉の味に深みが出るのよね。

ソースも甘さと塩加減のバランスが絶妙。ドイツ料理によくある、ただ塩辛いだけのソースとはまるで違います。

つけ合わせのジャガイモのソテーも、炒め油の量と塩加減がちょうどいい!

りこ
りこ
食べた後に、お皿にべったり炒め油が残るようなレベルのお店ではありません。

ラーツケラー・ミュンヘン(Ratskeller München)付け合わせサラダ(Münchner Salat)
付け合わせサラダ
(Münchner Salat)

飲み物の次に出される、付け合わせのサラダ。

りこ
りこ
これくらいの量なら、後で出てくるメインをちゃんと楽しめます。

こちらは夫が注文したザウアーブラーテン。

こちらもちゃんと日本語メニューに掲載されています。

バイエルンの放牧牛のザウアーブラーテン、フランケン地方風(Fränkischer Sauerbraten)
バイエルンの放牧牛のザウアーブラーテン、フランケン地方風
(Fränkischer Sauerbraten)

わたしの夫は、ドイツレストランに行くとザウアーブラーテンを注文することが多いです。

ザウアーブラーテンは、ドイツの肉の蒸し煮であり、通常牛肉を用い、酢、水、香辛料および調味料を混ぜた漬け汁でマリネしてから調理する。ザウアーブラーテンは伝統的に赤キャベツ、ジャガイモのダンプリング、シュペッツレ、茹でたジャガイモ、または麺を添えて供される。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


夫
ローテンブルグで食べた最高のザウアーブラーテンにはちょっぴり負けるけど、美味しかったよ。

ザウアーブラーテン には、ジャガイモの団子紫キャベツがついてきます。

バイエルンの放牧牛のザウアーブラーテン、フランケン地方風(Fränkischer Sauerbraten)

わたしはザワークラウトはあまり好きではありませんが、紫キャベツは大好物です。

りこ
りこ
酸味と甘みのバランスが美味しい。しかも味に深みがある。

友人が注文したのは仔牛のカツレツ

こちらも日本語メニューに掲載されていますよ。

ウィーン風シュニッツェル(仔牛のカツレツ)(Wiener Schnitzel)
ウィーン風シュニッツェル(仔牛のカツレツ)
(Wiener Schnitzel)

りこ
りこ
もしドイツレストランに行って、食べたいものが見つからない場合は、ウィーン風シュニッツェルを注文するのが一番無難です。

付け合わせのジャガイモの調理法は、

  • 塩ゆでする
  • 揚げる(フライドポテト)
  • 炒める(ソテー)

から選べます。友人は、炒めたジャガイモを選びました。

感動したのは、お肉に絞るためのレモンが巾着の中に入っていたこと!

これだとレモンを絞った時に、お肉の上に種がボロボロとこぼれなくて便利です。

ついてくるクランベリージャムはお好みでお肉につけて食べます。

友達は「お肉につけたくはないけど、ジャム自体は美味しい」と言って、ジャムも、ジャムの入っていたカップも全部食べてしまいました。

ここまででもう満腹度数120%なのですが、やっぱりデザートは別腹。

アップルシュトゥルール(Bayerischer Apfelstrudel)
アップルシュトゥルール/ アプフェルシュトゥルーデル
(Bayerischer Apfelstrudel)

一言でいうと、南ドイツ・オーストリア圏のアップルパイです。

カップに入っているバニラソースをかけてお召し上がりください。

これが「甘い×甘い」のはずなのに、全然甘すぎない!

アップルシュトゥルールからは、シナモンリンゴのいい香りが立ち上ぼります。

りこ
りこ
これなら甘すぎるのが苦手の人でも大丈夫!

それから…

ドイツのレストランでは、まず最初に必ず飲み物を注文してくださいね。

ラーツケラー・ミュンヘン(Ratskeller München)

りこ
りこ
お水と言えどもドイツでは有料です!

支払い方法|JCBでも払えます

ラーツケラー・ミュンヘン(Ratskeller München)

VISA、マスターカード、アメックス、JCB、どれでも使えます。

ドイツのレストランでのお勘定は、普通、給仕を担当してくれたウェイターさんを呼んでテーブルで支払います。

ただし、ラーツケラー・ミュンヘンでは、カード払いの場合は違いました。

カード払いの場合には、テーブル担当のウェイターさんに申し出て、レジについて行って払うことになりました。

りこ
りこ
支払いの際にチップの金額を伝えると、食事の代金+チップの合計金額をまとめてカードで支払うことができます。

ラーツケラー・ミュンヘン(Ratskeller München)店舗情報

Ratskeller München

【 住所 】Marienplatz 8, 80331 München

【 電話 】+49 89 2199890

【 営業時間 】毎日 11時00分~0時00分

【 最寄り駅 】Sバーン、地下鉄 マリエン広場駅すぐ

【その他】全席禁煙、無料Wi-Fi

【予約】 bookatable(英語)、レストランHP(ドイツ語)

凄く混雑している時期のお昼時に入店し、ほぼ満席状態での食事だったのですが、

  • フレンドリーでプロフェッショナルな対応
  • 席に通される→注文を取る→飲み物が出る→食事が出る→デザートを注文→デザートが出る→支払いを頼む→支払い完了の流れがスムーズ!
  • とにかく美味しい!

観光地のど真ん中の超有名店なのに、それに奢ることなく、これだけの接客と料理のレベルをずっと維持していることに感心しました。

りこ
りこ
また近いうちに食べに行きたいドイツ料理レストラン、ナンバーワンです。

\ ドイツのバウムクーヘン /

本場ドイツのバウムクーヘンをミュンヘンで味わうなら、カフェクロイツカムがおすすめ。ラーツケラーから歩いて行ける場所にあります。

ミュンヘンでバウムクーヘンを食べるなら|クロイツカムのカフェがおすすめ本場ドイツのバウムクーヘンは日本のものとは一味違います。ミュンヘンを訪れたなら、是非足を運んで欲しいのがクロイツカムのカフェ。この記事でカフェ店内の様子とバウムクーヘンを詳しくレビューしました。...