雑記

【海外在住】XSERVER(エックスサーバー)を利用してブログを開設|海外からのアクセス制限を乗り越える方法

今回は「海外在住者が日本のレンタルサーバーを利用してブログを開設する」というテーマでお話しします。

わたしのこのブログは、日本のエックスサーバーのサーバーを借りて運営しているので、「海外在住者のわたしがエックスサーバーを利用してブログを開設した経験談」となります。

どうしてエックスサーバーにしたのか

エックスサーバー
読者代表
読者代表
どうしてエックスサーバーを選んだの?

ブログを始めて間がないわたしがぐだぐだ説明するより、こちらの記事を読んでいただいたほうが早いし説得力があります。

ご紹介するのはヒトデさん(@hitodeblog)のブログの記事です。


まだブログを開設していない読者の方は、もしかしたらご存じではないかもしれませんので簡単にご説明します。


ヒトデさんは一言で言うと、ブログで生活されているブロガーです。


そしてヒトデさんのブログは、初心者がブログを開設するときに絶対読むべきバイブルだと思ってください。

そのヒトデさんが、

結論から言うと、エックスサーバーはブログで生活している僕が一番信頼を置いているレンタルサーバーです。

エックスサーバーの評判は?料金は高い?申込方法や口コミ含めて現利用者が徹底解説!!

とまでおっしゃっているのです。

ヒトデさんのこのブログ記事を読めば、エックスサーバー以外のサーバーを借りようという気はまず起きませんよね。

海外在住でエックスサーバーに申し込むことができるのか

エックスサーバー
読者代表
読者代表
でも、海外在住なのに日本のサーバーを借りられるの?

そうです。わたしもそこが不安でした。

ここでGoogle先生に聞けばいいと思ったあなた、半分正解ですがそれでは不十分です。

確かに、海外在住者が日本のサーバーを借りられるかどうかについては、Google検索すると沢山のブログに体験談が書かれています。

けれども「自分と希望の会社との間に有効なレンタル契約が成立するか」のような個別具体的な問題は、最終的には直接相手の会社に聞いてみて判断すべきです。

海外在住者が申し込み時につまづくポイント

エックスサーバー
読者代表
読者代表
事実、こうして海外に住んでいる人がエックスサーバーを利用してるわけでしょ?だったらいちいち問い合わせるのは面倒だし、サイトの申し込みフォームからそのまま申し込むことにするわ

もちろん、それでうまくいく可能性は否定しません。

しかし海外在住者の場合、普通は郵便番号住所を記入する段階でつまづくことになります。


なぜなら、エックスサーバーの申し込みフォームは、申込者が日本国内に住んでいることを前提に作られているからです。


ですから、海外の郵便番号を記入すると不適切な記載事項と自動的に判定され、!郵便番号を入力してください。というエラーが出て先に進めなくなります。

読者代表
読者代表
だったら日本の実家の住所で申し込むわ

確かに、実家の住所を入力していることでこの問題を回避している人もいました。
若い人ならそれでいいかもしれません。


しかし、わたしのような年齢になるといつまで日本の実家があるのかわからないので、そうそう日本の実家の住所を代用する気にはなれないわけです。

そこでわたしはエックスサーバーに

海外在住者が、日本の実家の住所ではなく海外の住所と電話番号を記入して申し込むことができるのか。

という点をまずはメールで問い合わせることにしました。

ここでメールと言うのは、エックスサーバーのサイトに用意されている問い合わせ用メールフォームのことです。

問い合わせたのは日本が3連休のタイミングだった

最初にエックスサーバーに上の問い合わせを送信したのは、実は日本が3連休の2日目のタイミングでした。

りこ
りこ
あ、日本は今3連休だった。

送信した後にそのことに気づきました。

確かに自動送信される「お問合せ受付メール」には

なお、お問い合わせから24時間を経過しましても回答がない場合、
サポートにてお問い合わせ内容を受信できていない可能性がございます。

と書いてあります。

でも、そもそもこの段階の自分は、まだエックスサーバーに1銭もお金を払っているわけでもなければ、すでに契約関係にあるお客様でもありませんでした。


ただ「興味があって問い合わせているだけ」の非会員です。

だから「そうはいうものの連休が明けてから返事が来るよね」と、いったんそのことは忘れてのんびり待つつもりでした。

が、なんと24時間たたないうちに本当にエックスサーバーから返事がきました。
日本は3連休最終日で本来なら業務はお休みのはずです。

りこ
りこ
この24時間って祝日も週末も無関係なの?

こんなスピード返信で「安心信頼のサービス」をぐいぐいアピールされてしまうと、ますますエックスサーバーで借りようという気になるものです。

さて、肝心のエックスサーバーの返信内容はと言いますと、

  • 日本国内からの申し込みが前提のため、国外の住所や電話番号をそのまま入力しても受けつけることができない。
  • 国外在住の場合は郵便番号0000000と入力し、住所の欄には国名から記入
  • 電話番号は先頭が0始まりで、10桁11桁の数字である必要があるので、国番号を0に置き換える必要がある。
  • それでも登録が行えない場合は、必要事項を記入して、エックスサーバーからのメールに返信する形で申し込める

ということが非常に丁寧な文体で書かれていました。

それでわたしは一度、このアドバイスに従ってサイトのフォームから申し込みを試みました。

その結果、郵便番号と住所の問題はクリアできました!

しかし、最後に自分の携帯電話の番号が12桁だったことが理由で先に進めなくなりました。

りこ
りこ
結局、自分あてに送られてきたメールに必要事項を記入して返信したよ。

手続きにかかった日数=実質2日

こうして結局わたしはメールに返信する形で申し込むことになったわけです。

そして、またもや24時間たたないうちにエックスサーバーからの返信が届いたではありませんか。

お知らせいただいた情報を元に、当サポートにてお申込みの代行を行いました。
インフォパネルにログインしていただき、【会員情報】メニューにてご登録内容などに誤りがないか念のためご確認いただければ幸いでございます。

なるほど、メールに返信する形での申し込みというのは、メールに記載した必要記入事項の内容をもとにエックスサーバーのカスタマーサービスのかたが申し込み手続きを代行してくれるということなんですね。

しかも、このエックスサーバーからのメールに記載されたログイン情報を入力することで、すでにわたしがサービスを使い始めることができる状態になっていました。

なんと日本が3連休ど真ん中のタイミングに、メールを何度かやりとりするという手間のかかる方法で申し込んだのに、問い合わせた日から3日目(実質2日の待ち時間)にはサーバーを使い始めることができたのでした。

りこ
りこ
おそるべし、エックスサーバーのカスタマーサービス

もちろんログインして一番最初に、代行で記入してくれた記載内容に誤りがないかどうか確かめましたよ。

りこ
りこ
携帯電話の番号が12桁でどうしても収まりきらなかったので、10桁の自宅の電話番号に書き換えましたとさ

ドメインはどうしたの?

ドメイン

ドメインもエックスサーバーでゲット

さてこうしてサーバーは無事に用意出来たわけですが、お金が稼げるブログを開設するにはもうひとつ、ドメインが必要でしたよね?

ちなみにこのブログのドメインは ricojournal.com です。

読者代表
読者代表
それ、どうやって手に入れたの?

わたしの場合は、エックスサーバーに申し込んだ時がちょうどドメインプレゼントキャンペーン期間中でした。

そのため、エックスサーバーのサーバーを使い続ける限り無料で使えるドメインを1つ、エックスサーバーでゲットすることができたのです。

りこ
りこ
ラッキー!

この点、エックスサーバーを借りる前にGoogle検索で他のブロガーさんがどうしているか検索したことがあります。

だいたいみなさんがお勧めされているのは、ムームードメインお名前ドットコムが多い印象です。

でもわたしは、申し込む時にもしエックスサーバーでドメイン無料キャンペーンをやってなかったとしても、エックスサーバーでドメインを作ったと思います。

なぜなら同じ会社のサーバーとドメインを使うことで、サーバーとドメインをつなぐ作業を省略できるからです。

初心者にとっては、面倒な設定をひとつでも減らすことが初期段階で挫折する危険性を減らすことにつながります。

どんなドメインにすればいい?

特にこれといった希望がない場合は、わたしのブログのドメイン ricojournal.com ように

なんとかなんとか.com

という形にしましょう。

「なんとかなんとか」の部分は、インスタグラムのアカウント名(ユーザー名)を決めるような感じで自分の好きなアルファベットや数字の羅列を考えてください。

ただし、インスタグラムのアカウント名(ユーザー名)と違って、一度取得したドメインは後から変更することはできない点に注意する必要があります。

万が一気に入らなくなって違うドメインにしたい場合は、新しくお金を払って取り直すことになるので、慎重に決めてください。

読者代表
読者代表
.com以外じゃだめですか?

それはもちろんブログを開設する本人の自由なので、.com以外にも

.net
.jp
.xyz

など、好きなのを選んでかまいません。

だた、.comにしておけば、後々後悔することが少ない万人向けの無難な選択だということです。

.com以外のドメインについては、このように認識されていることが多いです。

この点についてもっと詳しく知りたい人は、にっきーさん(@nickey_talk)の記事をご覧ください。

にっきーさんがこちらの記事で、初心者でも理解できるように説明してくれています。

にっきーさんの記事>> ブログドメインの末尾の違いとオススメは?「.xyz」は金額に注意!

出典:副業ブロガー・にっきーの隠れworker本舗

海外在住者がエックスサーバーを使う場合の最後にして最大の関門=国外IPアクセス制限

エックスサーバー

これで無事にサーバーを借りてドメインもゲットしたわけです。

国外IPアクセス制限とは?

読者代表
読者代表
あれ、WordPressはどうなったの?

りこ
りこ
ワンクリックでインストール完了

そうです、WordPressのインストールはワンクリックで終わります。
昔わたしが無料ブログサービスを使っていたころは、WordPressを使うまでのハードルがたいそう高かったと記憶しているのですが、今の時代これがワンクリックでできるというのですから最初はビックリしました。

しかし、安心するのはまだ早いです。

このあと海外在住者には最後にして最大の難関が待ち受けています。
次のスクリーンショットをご覧ください。

Xserverのワードプレス管理画面アクセス拒否画面
読者代表
読者代表
WordPress管理画面へのアクセス拒否って、一体どういう意味?

それはですね、エックスサーバーさんがサイト上でちゃんと説明してくれています。

人気ブログツールであるWordPressにおいては
その利用者数の多さから、管理ツールに対するブルートフォースアタック
(ID/パスワードを手当たり次第試してログインを試みる方法)による攻撃事例が多く報告されております。

当サービスにおいても、特に今週に入り、お客様が運用中のWordPressに対して
日本国外のIPアドレスを経由した大量のブルートフォースアタックが確認されております。

つまり、簡単に言うと、エックスサーバー利用者のサイトが海外から攻撃されるので、

弊社ではこれを受け、お客様のWordPressが不正に乗っ取られることを防ぎ、
なおかつ過剰な攻撃処理によるサーバー負荷の上昇やサーバー障害の発生を防ぐため、
お客様がすでに運用中のWordPressや今後新規に設置するWordPressにおいて、
以下管理ツールURLへの国外IPアドレスからのWEBアクセスを制限することといたしました。

「WordPressの管理ツール」に対するセキュリティ向上を目的とした国外IPアドレスからのアクセス制限の実施および「WordPress国外IPアクセス制限」機能の追加について

お客様のサイトを守るために日本国外からアクセスできないようにしました、ということです。

読者
読者
じゃあ、そもそも海外在住のわたしたちにはアクセス不可能ってこと?

りこ
りこ
いいえ。制限を乗り越えてアクセスできますよ。

国外IPアクセス制限を乗り越える方法

国外IPアクセス制限

国外IPアドレスのアクセス制限は、エックスサーバーのサーバーパネルにログインして、解除することができます

国外にご在住等、国外IPアドレスからWordPressの更新が必要なお客様におきましては、

サーバーパネル「アクセス拒否設定」→「WordPress国外IPアクセス制限」にて本制限を解除し、

WordPress管理ツールへのログインをお試しください。

出典:エックスサーバー
URL: https://www.xserver.ne.jp/news_detail.php?view_id=1633


アクセス制限を解除する具体的な手順は、エックスサーバーのサイトでわかりやすく説明されています。

国外IPアドレスからのアクセス制限を解除する方法

アクセス制限解除には危険が伴う!

※通常は「ON(有効)のまま運用されることを強く推奨します

とあるように、エックスサーバー自体が国外IPアドレスからのアクセス制限を有効のまま使うことを強く勧めています!

もし国外IPアドレスからのアクセス制限を解除する場合は、セキュリティ上、次のどちらかの対策が必要になります。

  • 個別にIPアドレスの制限を行う
  • Basic認証を行う

なぜなら、国外IPアクセス制限」を海外在住者が海外にいる間ずっとOFFするのはリスクが高すぎるからです。

読者
読者
IPアドレスとか、Basic認証とか、全然意味がわからない…

りこ
りこ
ではその場合は、VPNを使って国外IPアクセス制限を回避しましょう!

VPNを使って万事解決!

読者
読者
で、VPNって何?

VPNとは、Virtual Private Network(バーチャル プライベート ネットワーク)の略。

読者
読者
・・・

難しいことはこの際置いておきましょう。

VPNサービスを使うことで、あたかも日本国内からアクセスしているかのように装うことが可能です。

VPNのロケーションとして日本のサーバーを選択すると、日本国内IPアドレスからのアクセスになるため、国外アクセスとしてはじかれることがなくなります。

これにより、エックスサーバーのセキュリティ設定をいじることなく、WordPressにログインすることが可能に!

簡単かつ安全!

VPNサービスは様々な会社から提供されていますが、わたしはExpressVPNを利用しています。

ExpressVPNにした決めては、特に海外から利用する場合に、スピードが速く安定していること。

また嬉しいことに、VPNを利用することで、

  • 日本のAmazonの電子書籍を海外にいながら購入できる
  • 日本の動画サービスを利用できる(例外あり)

りこ
りこ
もはや海外で暮らす日本人にとって、VPNは必須のサービスといえます!

海外在住者のXserverをサーバー利用まとめ

迷ったらエックスサーバーにしよう

理由

  • カスタマーサービスが素晴らしい
  • ユーザーが多いので検索すれば情報が多い

海外からはVPNを使ってアクセスしよう。

りこ
りこ
さ、みんなもエックスサーバー借りてブログ書こう!

独自ドメインを取得し、サーバーを借りたら、いよいよあなたもブロガーの仲間入りです。

ブロガーがブログを収益化する時に欠かせない、Googleアドセンスの審査について、わたしの体験談を記事にしました。

【Googleアドセンス審査】待ち時間約1日で合格通知されるためにやったこと私がアドセンスに合格するまでのプロセス(やったこと、過程で発生した問題、問題をどう乗り越えたか等)を体験談として書きました。同じくアドセンス合格を目指す初心者ブロガーさんの参考になれば幸いです。...

Amasonアソシエイト審査突破も、ブロガーの最初の目標のひとつですよね。

こちらのAmazonアソシエイト審査は、合格するのに苦戦する人が多いことで有名でもあります。わたしのAmazonアソシエイト合格対策こちらです。

Amazonアソシエイト審査
【Amazonアソシエイト審査2020年】180日以内に3件売り上げ発生が本審査の条件にAmazonアソシエイトの審査に合格したい人必読です。2020年に審査方法が変更になっています。ご注意ください。...