ドイツ生活

ドイツでコインランドリーに行く|利用方法と必要なドイツ語まとめ

りこ
りこ
ドイツ在住18年目にして、初めてドイツのコインランドリーに行ってきました!

夫
僕も日本のコインランドリーしか使ったことがなくて、ドイツでコインランドリーに行くのは初めて。

というわけで、この記事では、万が一ドイツでコインランドリーに行く必要が生じた時のために、

  • ドイツコインランドリーの利用方法
  • コインランドリーでの洗濯に関するドイツ語

をわかりやすくまとめてみました。

りこ
りこ
この記事で解説している、ドイツでの洗濯の基礎知識、ドイツ洗濯機のシンボルの意味を理解しておけば、困ることはありません。

コインランドリーはドイツ語でWaschsalon(ヴァッシュサロン)

ドイツのコインランドリー

コインランドリーのことは、ドイツ語でWaschsalon(ヴァッシュサロン)と言います。

ドイツでコインランドリーに行く必要ができたら、迷わずGoogleマップ検索しましょう。

ドイツに住んでいても、どこに評判のいいコインランドリーがあるのか知らなかったため、わたしも夫も検索して探しました。

りこ
りこ
Googleマップの検索窓に、日本語で「コインランドリー」もしくはドイツ語で「Waschsalon」と入力して検索してください。

日本語で検索しても一定数表示されますが、ドイツ語で入力して探すほうが、結果として表示されるコインランドリーの数が多くなります。

表示されたコインランドリーのうち

  • 自分の現在地から近いところ
  • 評価の高いところ

のどちらかに行きましょう。

Googleマップ検索結果をみると、ミュンヘンでは、Eco-Express Waschsalon(エコエクスプレスヴァッシュサロン)という系列店の評価が高いです【公式サイト(ドイツ語)】。

ただし、洗濯だけして乾燥機(Trockner)を利用しない場合には、評価よりも近さを優先しましょう。

濡れた洗濯物を運ぶのは予想以上に重さがあって大変ですから。

りこ
りこ
評価のいいコインランドリーが残念ながら家から遠かったので、妥協して「まあまあ」のコインランドリーに行きました。

ドイツコインランドリーの利用法方法

当然ですが、コインランドリーごとに

  • 利用方法
  • 料金体系
  • 洗濯にかかる時間

は異なります。

なので、これはあくまでも、わたしの利用したコインランドリーの例としてご覧ください。

ちゃんと動きそうな洗濯機を選ぶ

わたしの利用したコインランドリーの場合、その場には15台以上の洗濯機がありましたが、故障中の張り紙が貼られているものが何台もありました。

ドイツに来るときは、次の2つの単語は読んで意味が分かるようにしておくと便利です。

DEFEKT デフェクト

KAPUTT カプット

どちらも故障中の意味です。ですから、この貼り紙のあるものは使えません。

りこ
りこ
これって、トイレが混んでいるのに、なぜかそこだけ誰も入らない個室に必ず貼ってある紙ですね。

万が一コインを投入したにもかかわらず洗濯機が動かなかった場合、お店の人がちゃんと対応してくれます。

わたしの隣の洗濯機を選んだお客さんのことですが。

ただ、ドイツ語でのやりとりになります(^^;

コインランドリーによっては、洗濯物の量に合わせて洗濯機のサイズを選べる場合もあります。

しかし、わたしの行ったコインランドリーの場合、6.5kg対応の洗濯機しか置いていませんでしたので、しかたなく6.5kgで洗える分だけ洗うことにしました。

6.5kgでは、2人分の洗濯物を1週間ため込んでしまうと、ちょっと厳しいサイズです。

ドラム式洗濯機の場合、あまりにも隙間なくギュウギュウに洗濯物を詰め込んでしまうと、汚れが落ちにくいです。

ちゃんと動く洗濯機を確保できたら、次は利用料金を払います。

お金を払う(洗濯機を動かすためのコインを購入する)

このコインランドリーでは、洗濯機を動かすためのコイン(Waschmünze)1枚が3ユーロ80セント

これを1枚買って洗濯機に投入すると、洗濯機が1回動くという仕組みです。

料金支払い機に洗濯機の番号のボタンがあり、自分の使う洗濯機の番号ボタンを押して料金を支払うタイプのコインランドリーもあります。

ドイツコインランドリー料金支払い

しかし!見ての通りの おんぼろ…じゃなくてレトロな機械です。なんと、ピッタリ3ユーロ80セント入れないとお釣りが出ません!

でも大丈夫!

そばにちゃんと両替機(Geldwechsler)がありましたから、財布の中の小銭が足りなくても問題ありませんでした。

そして、この料金は粉末洗剤(1回分)込み(inkl. Waschpulver)の値段です。

コインを買ったら、その隣に置いてあるプラスチックカップに粉末洗剤を注ぐことができるようになっています。

りこ
りこ
すぐにはカップの意味が理解できなくて、「なんでこんなところにプラスチックのコップがあるの?」と思いました。

柔軟剤(Weichspüler)も欲しい場合は、追加料金30セントで購入可能です。

では、洗剤とコインを手にしたら、洗濯機のところに戻って洗濯を始めましょう。

洗剤の投入口に洗剤を入れる

最初、どこに洗剤を投入していいのか迷いました。

なぜなら、家庭用洗濯機とは洗剤投入口の構造が違っていたからです。

洗濯機の上側に、でっかい蓋がついています。その蓋をあけて洗剤を入れましょう。

洗剤投入口がIとIIの二つに分かれていますが、

  • I 予洗い(Vorwäsche)のための洗剤投入口
  • II 本洗い(Hauptwäsche)のための洗剤投入口

という意味です。

洗濯プログラム(コース)を選ぶ

これが一番難関かもしれません。

なぜなら、いろいろなコースがシンボル(予洗い、本洗い、すすぎ、脱水)と数字(温度)で表示されていて、シンボルの意味を知らなければどんなコースか理解できないからです。

なので、ここでは選び方のコツをお話しします。

ポイント1

ミュンヘンのような南ドイツの都市は硬水のため、洗濯の際に汚れが落ちにくいです。

なので、衣類のタグにある洗濯方法を確認し、衣類が痛まない程度に可能な限り高い温度で洗うようにします。

りこ
りこ
自宅では特にデリケートな衣類以外は40度で洗っています。もちろん洋服の洗濯タグを確認した上でです。

また、硬水で洗濯する場合、軟水で洗う場合よりも、洗剤が多めに必要です。

といっても、洗剤は自動的にカップに注がれる量しか使えないので、自宅から持参しない場合には諦めましょう。

ポイント2

汚れがひどい場合は予洗いする。

ドイツの洗濯機では、予洗い (Vorwäsche) は I と表示されています。

本洗い (Hauptwäsche) は II です。

必要であれば、予洗いのあるプログラム(コース)を選択してください。

では、洗濯スタート!

洗濯にかかる時間の目安

当然ですが、

  • 予洗いすればそれだけ長くかかる。
  • 高温のほうが低温で洗うより時間がかかる。

なので、動き始めた洗濯機に表示される残り時間を見るまでは、予想不可能です。

ひとつ言えるのは、最近のドイツの家庭用省エネ洗濯機よりも、コインランドリーの業務用洗濯機での洗濯のほうが、早く終わります。

ここでは約40分で洗濯できました。

りこ
りこ
うちが新しく買った洗濯機は、スピードコースを選択しないと、平気で3時間かかります。

コインランドリーには飲み物の自販機や、椅子が用意されています。そこでのんびり洗濯が終わるのを待ちましょう。

洗濯が終わったら、速やかに洗濯物を洗濯機から取り出すのがマナーです。

乾燥機もある。ただし別料金。

うちは使いませんでしたが、乾燥機を利用して、洗濯物を乾燥してから持ち帰ることも可能です。

ドイツのコインランドリーまとめ

コインランドリーがどんな場所なのか、どんな風に利用するのか全くわからなかったので行く前はとても不安でした。

どうにか無事に洗濯できてよかったです。

りこ
りこ
この記事で取り上げた情報を頭に入れておけば、ドイツのコインランドリーでの洗濯を恐れることはありません!

旅行中、ホテルの洗面台で簡単に手洗いするだけなら、ドイツの硬水にも対応したチューブ式の洗剤クリップ付き物干しロープを持っていると便利です。